空燃比

空気と燃料の混合割合のことである。計算上ではガソリンエンジンの場合、空気約14.7:燃料1が完全燃焼に最適な比率だと言われている。殆どの車の場合、排気管にO2センサーがあり、ここで空燃比を図って理想的な空燃比14.7:1になるようECUへ信号をおくっています。これにより燃料の噴射量を調整し理想的な空燃比にしています。またエンジンチューニングやECUチューニングを行なってる車の場合、空燃比を図る空燃比計を設置し空燃比を常時監視し、エンジンの不調やセッティングをおこなう。

 

一般のガソリンエンジンは、理論空燃比でガソリンを燃やすのが理論上は効率が良い。リーンバーンガソリンエンジンやディーゼルエンジンではふつう空気の量を多くしており、理論空燃比ではない。また、常に理論空燃費で燃やしているわけではなく、理論空燃比より少し薄く燃費が稼ぎやすく排気ガスの有害物質が少なくなる経済空燃比と出力を稼ぎやすく発進時や加速時に使う出力空燃比(こちらは燃料が濃い = HC、CO が発生しやすい)がある。車の状態によって空燃比は使い分けられており、常にその値は変化している。

カレンダー

2017年5月
« 12月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031