水平対向エンジン

水平対向エンジンとはV型と似ておりピストンが左右に分けられているが
ピストンの向きが地面と水平になっておりこれによりエンジンの高さを抑える
ことが出来、重心を低くおさえられるメリットがある。
また、この形状からボクサーエンジンやフラットエンジンとも呼ばれている。
水平対向エンジンを使用しているメーカーで有名なのがポルシェ、スバルなどがある。

 

水平対向にピストンを配置することにより、上下方向の振動が少なくできる・重心を
低くできる、などの利点がある。欠点はストローク(シリンダー)を伸ばすとエンジン本体の
横幅が大きくなり車体幅を広げる必要があるのでトルクを出しやすいロングストローク
エンジンが作りにくいことである。そのため、ショートストロークのエンジンが主流である。

カレンダー

2017年10月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031