SV

SVとはサイドバルブエンジンの略である。4ストロークエンジンの原型とも言うべきもので
シリンダーは下側に設置されているが吸気や排気のバルブが上向きに装着されている
ため効率の悪いシステムと言える。
現在国内ではほとんど使用されていない。現在のエンジンは新しい順に、
DOHC(カムシャフトが2本あるダブルオーバーヘッドカムシャフト)や
SOHC(カムシャフトが1本のシングルオーバーヘッドカムシャフト)、
OHV(オーバーヘッドバルブ)その前に使用されていたのがSV(サイドバルブエンジン)です。

 

DOHCやSOHCが自動車・オートバイ用エンジンの主流となっている現在、
すでに旧式となりつつあるプッシュロッド駆動式のOHV(オーバーヘッドバルブ)よりも、
更に旧式の機構である。
吸・排気バルブがピストンの上ではなく、シリンダーの横に並んで上向きに配置されて
いるのが大きな特徴。これをクランクシャフト近くに配置されたカムシャフトで直接駆動する。
構造が非常にシンプルであり、エンジン本体(特にシリンダーヘッド)をコンパクトに
することができ、エンジン内部の駆動箇所が少ないために丈夫なエンジンになる。

カレンダー

2017年10月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031