ターボチャージャー

ターボチャージャーとはエンジンの排気ガスでコンプレッサーを回し、
そこで圧縮された空気をピストンシリンダーに押し込む仕組みになっており、
これによりエンジンの排気量を変えずに馬力を上げることを可能にする。
しかし低回転では圧縮力が弱く効果は薄い。高回転での効果は高くなるがパワーが
出る分使用する燃料も増え、燃費は悪くなる。

 

排気管から廃棄されていた排気ガスのエネルギー(温度・圧力)を利用し
タービンを高速回転させ、その回転力で圧縮機を駆動することにより圧縮した空気を
エンジン内に送り込む。これにより、内燃機関本来の吸気量を超える混合気を
吸入・爆発させることで、見かけの排気量を越える出力を得る仕組みである。
過給器としての効率は良く、船舶や発電機など一定速で運転されるものでは、
インペラやコンプレッサー、A/R比の設定が楽になるため、特に向いている。
タービンの回転速度は、自動車用ガソリンエンジンなど、小型のものでの
場合200,000rpm(毎分20万回転)を超えるものもある。

カレンダー

2017年10月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031