ラジエーター

ラジエーターとはエンジンの冷却装置である。
エンジンルームの前側に設置されていて熱くなった冷却水を走行風や
ファンの風によって冷やす装置である。これによりエンジンの発熱による
オーバーヒートを防ぎまた、寒いときのオーバークールを防止する。
またエンジンなどをチューニングし発熱量が多くなった場合に
ラジエーターの大型化や軽量化で発熱量を抑えます。
一般的にラジエーターの材質は銅もしくはアルミニウムが使われます。

 

水冷式エンジンを搭載する車種においては、エンジンで発生する過剰な熱を
発散するための装置であり、アルミニウム(古くは鉄)の細管を多数並べた構造をしている。
細管内部に冷却水を満たし、同じく冷却水を満たしたエンジンのウォータージャケットと
接続して冷却水を循環することにより、エンジンの冷却を行う。
冷却水は加圧により100℃では沸騰しないようになっていて、より効率的にエンジンの冷却を行う。
外気温が0℃を下回る環境では冷却水が凍結-膨張することでラジエターを破壊することがある。
この対策として、冷却水にロングライフクーラント(LLC)や不凍液などを添加し、凍結を防止する。

カレンダー

2017年10月
« 12月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031